No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2011年 11月 04日 ( 4 )


2011年 11月 04日

東電歴代役員に1兆円返還求める 一部株主が代表訴訟へ

東電歴代役員に1兆円返還求める 一部株主が代表訴訟へ(excite. ニュース 11月4日)

d0235522_22593399.jpg 福島原発事故で東京電力が巨額の損失を出したのは、経営陣が津波や地震への安全対策を怠ったためだとして、一部の株主が歴代役員に計約1兆1千億円の返還を求める株主代表訴訟を起こす方針を固めたことが4日、関係者への取材で分かった。関係者によると、訴訟を起こすのは脱原発を求める株主ら約30人。東電が8月に発表した原発事故の損失見込み額約1兆1千億円を返還するよう、勝俣会長ら過去20年の役員約60人に求める。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-11-04 23:00 | 2011年11月コメント | Comments(0)
2011年 11月 04日

11.28 映画:「どうして原発?」28日に上映 @新潟市

映画:「どうして原発?」28日に上映--新潟 /新潟(毎日新聞 地方版 11月3日)

d0235522_162898.jpg原発の安全性について問いかけるドキュメンタリー映画「あしたが消える--どうして原発?」が28日、新潟市中央区の県民会館小ホールで上映される。

作品は89年に公開された日本映画。ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故から3年後で、世界が原発事故に恐怖を抱いていた。

福島第1原発の定期検査などに携わっていた52歳の父を骨がんで亡くした仙台市の主婦が「父はなぜ死んだのか」と素朴な疑問を新聞に投書した。この女性の疑問や視点を起点に取材が進められ、元原発設計者や原発労働者を診察した医師らの証言を集めた。

上映は、午前10時半▽午後2時▽同6時半の3回。上映時間は55分。協力券として大人1000円、学生800円、障害者や小中高生は500円。問い合わせは、新日本婦人の会新潟支部(025・228・7732)。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-11-04 16:28 | 2011年11月開催 | Comments(0)
2011年 11月 04日

県内の高校10校で高い放射線量

県内の高校10校で高い放射線量(新潟日報 11月3日)

d0235522_16243729.jpg県教育委員会は2日、県立高校、中等教育学校の校庭や側溝などの汚泥を調べた結果、十日町総合高の校舎脇の側溝で、1キログラム当たり5万ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。

調査は9月上旬から開始。11月末までに121校で行う。調査の終わった24校の結果を公表した。県教委は「残る学校について早急に調査を進めたい」としている。

このうち地表から10センチ以内の空間放射線量が、1時間当たり0・3マイクロシーベルト以上だったのは10校の19カ所。小出高が最も高く、同1・1マイクロシーベルト。十日町総合高は同0・88マイクロシーベルトだった。通常は同0・016~0・16マイクロシーベルト。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-11-04 16:25 | 2011年11月コメント | Comments(0)
2011年 11月 04日

原発地元に匿名寄付500億円 福井、大半は電力業界か

原発地元に匿名寄付500億円 福井、大半は電力業界か(asahi.com 11月4日)

全国最多の原発15基(1基は解体中)を抱える福井県と県内立地4市町に、匿名を希望する大口寄付が2010年度までに少なくとも計502億円寄せられていたことが、自治体への情報公開請求などでわかった。朝日新聞の今回の取材で、約3割の150億円は、同県内に原発をもつ関西電力など電力事業者からと特定できた。

d0235522_11125943.jpg自治体関係者は「電力事業者以外に大口寄付はほぼない」と語っており、残りも電力業界からの可能性がある。福井県と原発近くの県内市町には1974~2009年度に、電気利用者が払う電気料金を原資とした「電源三法交付金」が国を通して計3245億円交付されているが、ほかにも巨額の金が利用者に見えない形で地元に入っていた・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-11-04 11:13 | 2011年11月コメント | Comments(0)