No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2011年 11月 03日 ( 3 )


2011年 11月 03日

長沢哲夫さん 「ぼくらは地球を愛しているか・・・」紹介

長沢哲夫さんの「ぼくらは地球を愛しているか 地球がぼくらを愛しているほどに」を紹介します。
なお、出典は、『足がある』(長沢哲夫、2011年、SPLASH WORDS)、p-110/111です。

ぼくらは地球を愛しているか 地球がぼくらを愛しているほどに

この小さな土の上に
この小さな緑の中に
ぶらぶら行こう
思い おだやかに
わずかな物を手に
この小さな土の上に
この小さな緑の中に
ぶらぶら行こう
心静かに
心軽やかに

水も空気も地球のもの
この血も肉も地球のもの
この息 この心も地球のもの
気をつけろ
原発でさえ地球のもの
殺しまくるミサイルも
そっと息をひきとる鳥たちも
砂漠をわたるコガネ虫たちも
雪の下に眠るネズミたちも
どかどかと走りすぎていく車たちも
ほえまくる電車たちの黄色い眼も
高層ビルを埋めつくすコンピューターたちも
銀河系の渚をころがる
青い火のかたまりの
地球のもの
ぼくらは地球を愛しているか?
地球がぼくらを愛しているほどに

この小さな土の上に
この小さな緑の中に
ぶらぶら行こう
思いおだやかに
わずかな物を手に
この小さな土の上に
この小さな緑の中に
ぶらぶら行こう
心静かに
心軽やかに
この小さな土の上に
この小さな緑の中に


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-11-03 20:26 | 2011年11月コメント | Comments(1)
2011年 11月 03日

11月/12月 Ola! aga !! (命の阿賀)―新潟水俣病を・・・

*本情報は、新潟国際情報大学HPからの転載です。

2011年度公開講座「映画の中の市民社会」 Ola! aga !! (命の阿賀)―新潟水俣病をみて・ふれて

本年度は「Ola! aga !! (命の阿賀)―新潟水俣病をみて・ふれて」のテーマで、11月26日から新潟市と共催する特別講座として開催します。新潟国際情報大学中央キャンパスを会場に、平山征夫本学学長らのトークライブ「生きる:阿賀野川からの希望」で開幕し、12月17日の森達也さん(映画監督・作家)の講演会で締めくくります。同時に新潟水俣病のパネル展も行います。また開催期間中にシネ・ウインドで、ドキュメンタリー映画「阿賀に生きる」「わが街わが青春」の2本を上映します。

1965年の新潟水俣病公式確認から46年、「阿賀の記憶」が次第に忘れられようとするなかで、いまなお多くの未認定患者が病に苦しんでいる現実があります。3・11の未曾有の大災害を経験したいまこそ、もう一度、新潟水俣病を通して「生きる」意味を考えてみたいと思います。


*トークライブ 「生きる:阿賀野川からの希望」
平山征夫さん(新潟国際情報大学 学長)、遠山麻里さん(フリーアナウンサー)、越智敏夫さん(新潟国際情報大学 教授 *司会)
日時:11月26日(土) 18:30~20:00
会場:新潟国際情報大学 新潟中央キャンパス
参加費:無料

*講演会 「生きる:その困難さの中で」
森達也さん(映画監督・作家)
日時:12月17日(土) 13:30~15:30
会場:新潟国際情報大学 新潟中央キャンパス
参加費:無料

*新潟水俣病パネル展示 ~「それぞれの阿賀・写真展」より
日時:11月26日(土)~12月17日(土)
会場:新潟国際情報大学 新潟中央キャンパス
参加費:無料

主催:新潟市、新潟国際情報大学
問合せ:新潟市保健衛生総務課 025-212-8016(直通)

*関連イベント 《映画の中の市民社会》特別編 @シネ・ウインド(新潟市中央区)
●阿賀に生きる 12月3日(土)~12月9日(土)
●わが街わが青春 -石川さゆり水俣熱唱- 12月10日(土)~12月16日(金)
主催:新潟・市民映画館シネ・ウインド
共催:新潟国際情報大学
後援:新潟市

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-11-03 20:11 | 2011年11月開催 | Comments(0)
2011年 11月 03日

Dailymotion動画紹介 "果てしなき除染 南相馬市からの報告"

20111030 果てしなき除染 南相馬市からの報告(58:47)

d0235522_0535882.jpgNHK ETV特集より。
放射線量が下がらない限り、子どもたちは町に帰ってこられない。このままでは地域の衰退にもつながりかねないと危機感を深めた南相馬市では、国に先駆けて除染に乗りだしたが、市内すべてを浄化するには途方もない時間と費用がかかることがわかってきた。内部被ばくの専門家である東京大学の児玉龍彦教授は国の無策に怒りを隠さない。
なんとか地域を甦らせたいと願う南相馬の人々の除染への果てしない挑戦を描く。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-11-03 00:54 | 2011年11月コメント | Comments(0)