No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2011年 10月 22日 ( 2 )


2011年 10月 22日

映像作品紹介 "1945-1998" ハシモト イサオさん

d0235522_2345437.jpg"1945-1998" by Isao Hashimoto from CTBTO preparatory commission HP

リンク先のスクリーンの中にある矢印をクリックしてください。映像がスタートします。時間は14分25秒です。
リンク先は CTBTO preparatory commission のホームページです。日本語訳すると、包括的核実験禁止条約準備委員会というような訳になります。

以下に、HP上に記載の説明を紹介します。

マルチメディア映像作品 "2053" これは地球の様々な場所で行われた核爆発の数です(1945~1998年。2006年10月及び2009年5月の北朝鮮によるテストは除く)。
作者紹介 イサオ ハシモトさんは1959年に熊本県に生まれました。外国為替の取扱者として17年間金融業界に携わりました。武蔵野美術大学の美術・政策・経営学科で学びました。現在は学芸員として箱根のラリク美術館に勤務しています。「核兵器の恐怖と愚かさ」をアーティストの視点で見つめ以下の一連の作品を制作しました。
1. "1945-1998"
2. "Overkilled"
3. "The Names of Experiments"
本作品 "1945-1998" 本作品は1ヶ月を1秒にスケールダウンすることによって(核実験の)歴史を俯瞰する作品です。言語の壁による隔て無く全ての鑑賞者に同じように映像が届けられるようにすることを目的として(作品中)文字が使われていません。作品中に表示される光、音、数字はいつ、どこで、どの国がどれだけの数の核実験を行ったかを示しています。本作品の制作理由としては、完全な墓場(死)であり現在も世界の問題となっている核実験の問題をまだ知らない方々に知らしめたいという理由が挙げられるそうです。

*訳がおかしいなどお気づきの点がございましたらご連絡ください。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-22 23:05 | 2011年10月コメント | Comments(0)
2011年 10月 22日

山本太郎、猛烈な地上波批判!加藤浩次と小倉智昭にかみ付き・・・

山本太郎、猛烈な地上波批判!加藤浩次と小倉智昭にかみ付き「地上波はただの御用局」一触即発に凍りついたスカパー特別番組の裏側(シネマトゥデイ)

・・・山本の発言に対し、小倉は「局側がブレーキをかけているというよりも、手元に入ってくる情報が、東電や政府の発表しかないから……」と当惑した様子だったが、山本は、「でもそれを流すだけっていうのは、報道機関としてどうなのかって話。オリジナルの取材はしているのか? どこまで? こんにゃくゼリーや、ユッケ問題には叩くのに、放射能問題の被害に関しては、これだけまき散らして、いろんなところに迷惑をかけて、そこまできちんと追求しているのかってことです。それをもって公平といえます? もしかしたらってことにまで踏み込んでいるんですか?」と強い口調で反論。加藤が、「踏み込んでるよ。スタッフも少ない人数で取材をしているけれど、もしかして違うことは言えないでしょ!」と応戦すると、「仮定として、それは流さなければいけない。それが報道の使命でしょ。こういう意見もあるということをセットで流さなければ。ただ国の言うことを垂れ流す、電力会社の言っていることを流しているだけなら、ただの御用局ですよ!」と激しい口調で地上波の報道姿勢を批判。穏やかな口調で、「気持ちは分かるんだけど、僕らはバランスというのを考えているんだよ」と話した小倉にも、「でもそのバランスのために、たくさんの人たちが、高濃度汚染地域に住まわされているんですよ」とチクリ。その後も、加藤と山本の「(事実を)隠していない!」「隠している!」を巡る激論は続き、スタジオに気まずい空気が流れたまま、「friends after 3.11」の放送時間に……。

*YouTube動画→山本太郎さんが小倉智昭さんと加藤浩次さんを問い詰める(12:00)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-22 18:05 | 2011年10月コメント | Comments(4)