No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2011年 09月 25日 ( 5 )


2011年 09月 25日

10万ベクレル超も管理処分場に(新潟日報)

d0235522_22403286.jpg10万ベクレル超も管理処分場に(新潟日報 9月25日)

環境省の有識者検討会は25日、1キログラム当たり10万ベクレルを超える放射性セシウムを含む焼却灰などについて、外部に放射線が漏えいしない対策を取った上で管理型最終処分場で埋め立てを容認する方針で一致した。コンクリート製の箱に詰め、全体を覆土する方法を想定、来月の次回検討会で詳細な埋め立て方法などを議論する。

10万ベクレル超の焼却灰について、環境省は有害な重金属などを含む廃棄物を埋め立てる遮断型最終処分場での埋め立てが可能としてきたが、委員から「処分場の作業員や周辺住民の安全が確保できれば、管理型処分場での埋め立てでも問題ない」との指摘があったという。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-25 22:40 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 25日

汚染水、3月26日から流出(新潟日報)

汚染水、3月26日から流出(新潟日報 9月25日)

d0235522_22341548.jpg東京電力福島第1原発事故で発生したセシウム137などの放射性物質を含む汚染水は、3月26日に海への流出が始まり、4月中旬ごろまで原発近くの沿岸に高濃度でとどまった後、海の渦に流されて拡散したとの解析結果を、電力中央研究所の津旨大輔上席研究員らが25日までにまとめた。



東電は「流出は4月1日から」としているが、もっと早い段階から汚染水が漏れていた可能性が出てきた。また津旨研究員らは海への流出量を3500テラベクレル(テラは1兆)と推計、東電発表の3倍以上となった。

東電による海水の測定データも含めて調べると、少なくとも5月末まで漏れ続けたと判断した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-25 22:35 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 25日

9.19 菅前総理 激白100分・・・ Dailymotion 動画紹介

菅前総理 激白100分「首都圏住めなくなる」 (テレビ朝日 モーニングバード 9.19 via Dailymotion 17:02)

d0235522_2032203.jpg首都圏に住めなくなるかも知れないと覚悟したことなど、震災のあのときに官邸で一体何があったのかを語りました・・・

前首相へのインタビューです。
大変興味深い内容になっています。
ぜひご覧ください。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-25 20:32 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 25日

二本松産米:「収穫も出荷もしない」農家、無念さにじませ(毎日新聞)

二本松産米:「収穫も出荷もしない」農家、無念さにじませ(毎日新聞 9月24日)

d0235522_20153681.jpg福島県二本松市産の新米予備検査で国の暫定規制値と同じ1キロ当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出された問題で、生産農家の男性(56)が24日、毎日新聞の取材に応じ、本検査の結果にかかわらず、「周囲に迷惑をかけるから出荷はしない」と話した。「何も悪いことはしてないのに。初めから作らないほうがよかった」と無念さをにじませた・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-25 20:15 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 25日

9.26 NHK クローズアップ現代 子どもを放射能から・・・

子どもを放射能から守りたい ~母親たちのネットワーク革命~(仮題)(NHK クローズアップ現代 HP)

d0235522_20105923.jpg東京電力福島第一原発の事故から半年あまり。食品、土壌などから次々に放射性物質が検出される中、「子供を放射能から守りたい」と、30~40代のごく普通の母親達がネットワークでつながり活動している。今や200余の団体、賛同者は1600人以上に発展。行政が測らない食品を独自に測定。秋の運動会シーズンを前に、近隣市町村の母親達が連携して行政に働きかけ、校庭の除染を実現させる。更に、国が被ばくの上限として、内部・外部合わせて「生涯100ミリシーベルト」という基準を設けようとする中、母親達は、「子供だけは特別の配慮を」と公聴会に駆けつけ、国内だけでなく海外の専門家にも直接意見を聞き、政府の意見募集に積極的に投稿、今月末には厚労相にも直接訴える。立ち上がった母親達に密着。どうしたら子供を放射能から守れるか考える。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-25 20:11 | 2011年9月コメント | Comments(0)