No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2011年 09月 21日 ( 5 )


2011年 09月 21日

浜岡原発:牧之原市議会が「永久停止」決議を可決へ(毎日新聞)

浜岡原発:牧之原市議会が「永久停止」決議を可決へ(毎日新聞 9月21日)

d0235522_2126317.jpg中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の半径10キロ圏にある同県牧之原市議会は21日の全員協議会で「確実な安全・安心が担保されない限り、浜岡原発は永久停止にすべきだ」との決議案を26日の本会議に提案することを決めた。定数17人中12人が賛成しており、地元議会で初めて「永久停止」を求める決議が可決される見通し。津波対策により地元同意を得て運転再開を目指す中電にとって、高いハードルが課されることになりそうだ・・・

(by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-21 21:27 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 21日

原発研究会:全20市と刈羽村出席 今後のテーマ確認--2回目会合

原発研究会:全20市と刈羽村出席 今後のテーマ確認--2回目会合(毎日新聞 地方版 9月21日)

d0235522_1855740.jpg東京電力柏崎刈羽原発の安全性を学ぶため、新潟、長岡、上越の3市が設置した研究会の2回目の会合が20日、長岡市であった。他の自治体からも参加希望が相次ぎ、県内全20市と刈羽村の首長や幹部が出席し、避難計画など今後の研究テーマを確認した・・・

(by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-21 18:55 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 21日

原発ゼロに賛同 全国市長会長 長岡市長が表明(しんぶん 赤旗)

原発ゼロに賛同 全国市長会長 長岡市長が表明(しんぶん 赤旗 9月20日)

d0235522_1850226.jpg全国市長会長を務める新潟県長岡市の森民夫市長は9月議会でこのほど、原発ゼロに向けて努力する考えを表明しました。日本共産党の笠井則雄市議の一般質問に答えたもの。

東京電力福島第1原発の事故を受け、東電柏崎刈羽原発から長岡市役所が21キロ、長岡市域が30キロ圏の距離にあることから、笠井市議は、原発ゼロに向けて期限を決めたプログラム作成の必要性をただしました。

森市長は、原発への依存度を下げ、原発ゼロに向けて努力する考えに賛同し、自然エネルギーを増やす努力を表明。原発問題は検証する課題が多いことから、国民的議論を重ね結論を出す必要があるとの考えも述べました。

また市は、9月議会に放射能測定機(可搬式のサーベイメーター)11台を購入する費用(970万円)を、補正予算として提案。測定機を本庁と全支所(10カ所)に配置して、小中学校などの放射線量測定に使用するとともに、測定量の公表体制を整えます。

測定器を11台保有することは、他の自治体と比べても大量の保有数で、よりきめ細かな状況把握で市民の安心を確保する施策であることから、市長の発言とあわせ注目されます。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-21 18:51 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 21日

脱原発デモに6万人が参加 (Our Planet-TV)

福島第一原子力発電所の事故を受け、9月19日、作家の大江健三郎さんらの呼びかけで、脱原発を訴えた「さようなら」原発集会とデモが東京・明治公園で開催され、約6万人(主催者発表)が参加、脱原発を訴えるアクションでは過去最大規模のものとなった・・・

脱原発デモに6万人が参加」(約13分)

*映像中インタビューが多いです。福島の方々を始めとした、脱原発の「声」を聞いてみてはいかがでしょうか。ぜひご覧ください。

最近の原発関連のニュースとして他に 「経産省前で若者4人がハンスト〜脱原発訴え」(約3分)、「横浜市〜市民の抗議で汚染灰の埋立て延期へ」(約17分) など。

d0235522_15114641.jpgOurPlanet-TV(アワープラネット・ティービー)は、2001年に設立した非営利のオルタナティブメディアです。インターネットを利用して、独自に制作したドキュメンタリー番組やインタビュー番組を配信しているほか、オフィス内(神保町)にメディアセンターを設置し、子どもから大人まで、誰もが映像制作やメディアリテラシーなどを学べるようワークショップを行っています・・・(HPより抜粋)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-21 15:12 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 21日

10.16  『チェルノブィリからみた福島第一原発震災』

『チェルノブィリからみた福島第一原発震災』 ~土壌浄化・エネルギー自給の可能策を探る~

放射能汚染の大地・空・海を見すえて、これからどういきるべきか、汚染現場の調査、被災者の救援、医療・物資支援に取り組んできた専門家の一つの視点をお伝えします。

日時:10月16日(日) 13:00~16:30 (受付開始 12:30~)
プログラム:
1部 「福島原発震災とチェルノブイリ」 13:00~14:30
2部 「放射能汚染下でどう生きるか」 15:00~16:30
会場:新潟東映ホテル(新潟市中央区弁天2-1-6 tel025-244-7101) *定員200名
参加費:500円
申込連絡先: Tel&Fax 025-269-5833(大野さん)

講師紹介:河田冒東(かわた まさはる)さん
「チェルノブイリ救援・中部」理事。遺伝子組み換え研究の専門家、1990年からウクライナで被災者救援活動を展開。また、2006年からは医療・物資支援に加え、土壌から放射能を吸収、農業復興による地域再生をめざす「菜の花プロジェクト」を開始しています。

主催:にいがた有機農業推進ネットワーク

(posted by Ben 10people10color)

d0235522_11231489.jpg*当ブログでは、新潟県内の脱原発イベント情報を出来る限り収集し掲載しています。なお、当ブログでは新潟県内の脱原発イベント情報を募集しています。提供をいただき、確認の取れた情報は随時掲載いたします、どうぞ気軽にお寄せください。ご連絡は、 nonukesniigata(a)gmail.com までお願いいたします((a)を@に変換願います)。 また、当ブログに対するご意見・ご感想も上記アドレスにてお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-21 11:24 | 2011年10月開催 | Comments(0)