No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2011年 09月 20日 ( 3 )


2011年 09月 20日

「ボクが東電前に立ったわけ(園良太さん)」 を読んで

「ボクが東電前に立ったわけ」(園良太著、三一書房、2011年)を読んだ感想を書きます。

d0235522_13435422.jpg以前当ブログに「デモ(2011年8月コメント)」というタイトルでコメントをしましたが、私が東電前での抗議行動を最初に知ったのはIWJによるUST配信によるものでした。
「ボクが・・・」を読む限り、最初の東電前行動は3月18日に行われたようです。なお、18日の開始当初集まったのは3人だったそうです(当日、最終的には12人が参加。p-57~58)。ちなみに私が「デモ」にてコメントした3月20日の行動は、第2回目の行動に当たるようです(p-60)。

昨日の「さようなら原発 5万人集会」報道を見ても分かるように、脱原発の声は大きくなってきています。東電前の行動もまた同様です。園さんが3月に始めた東電前での行動は、今では 東電前アクション へと発展し、脱原発や政府・東電へ責任追及の声を大きく上げています。

本書は、3.11以降これまでの(注:本書では8月頃まで)園さんの行動を、園さん自身が思いを交えながら綴っていくという内容になっています。また、時系列的に話が進められていることから、3.11以降の脱原発への動き(少なくともその1つ)を知る意味においてとても興味深い内容になっていると思います。

なお、本書は1字1字が大きく頁数も143頁とさほど多くないことからとても読みやすいと思われます(コラム・インタビュー掲載もあり内容は大変濃い)。価格は1,200円+税となっています。

すぐには「地震=原発が危ない」というふうに結びつかなかった園さん(3月11日時点 p-9)が、翌12日の菅首相の会見と、同時間帯に配信された原子力資料情報室のUSTREAM生放送による解説を同時に見たことにより、 政府や東電が「大丈夫」と言えば言うほど、ウソ臭く思う (p-16)という、政府・東電に対する違和感/不信感が生じた過程が良く分かります。

また、本書では園さんの様々な思いや問題意識が、繊細かつ実直な言葉で綴られています。
原発を止めるには国際連帯が必要で、外国人を差別し「日本を守れ」とだけ主張する「排外主義」は、反/脱原発とは根っこから矛盾し相容れないと考えています(p-118)。

これを機会にぜひ一読されてはいかがでしょうか。

d0235522_13451751.jpg著者紹介(巻末より転載) : 園良太(その りょうた)
1981年生まれ、フリーター。2002年からイラク反戦運動やフリーター全般労組などに参加。2011年3月18日から東電前で仲間と抗議行動や申し入れを始める。現在は「東電前アクション」に発展。2008年「麻生邸リアリティーツアー」を仲間と企画、不当逮捕される(国賠訴訟中)。他に「沖縄を踏みにじるな!新宿ど真ん中デモ」「ヘイトスピーチに反対する会」などに関わる。共著編に『フリーター労組の生存ハンドブック-つながる、変える、世界をつくる-』(大月書店)。ブログはこちら。ツイッターはこちら

(by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-20 13:55 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 20日

ブログ さようなら原発in新潟 紹介

ブログ さようなら原発in新潟 を紹介します。

d0235522_2340129.jpg最近の記事として、「新潟初のサウンドデモ」、「柏崎にて広瀬隆さん講演会」、が写真や映像と共に紹介されています。
ぜひご覧ください。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-20 10:10 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 20日

新潟市議会傍聴 風間ルミ子議員の質疑応答

1:東京電力福島第一原子力発電所事故に関して
 (1)原発事故が明らかにしたもの
   ア)原発事故は他の事故には見られない異質な危険があると思うがどうか。
   イ)現在の原発は本質的に未完成で危険なものだと考えるがどうか。
   ウ)世界有数の地震、津波国である我が国に原発を集中立地することは
     極めて危険であると思うがどうか。
   エ)原発の安全神話を広めた大手マスコミの責任は大きいと思うが、
     マスコミ出身の市長の見解は。
 (2)安全な原発などあり得ない。市長は『原発は縮小せざるを得ない』との認識だが、
    市民の命と健康、暮らしを守るため、受け身ではなく原発からの撤退を明言し行動
    すべきではないか。
 (3)放射能汚染から子供と市民の健康を守るために
   ア)市内小・中学校、幼稚園、保育園に放射能測定器を設置し、
     もっときめ細かく放射線量の測定と公表を行うべきではないか。
   イ)市内小・中学校、幼稚園、保育園や通学路、公園など、子供が近づく場所、
     側溝などホットスポットになりやすい場所の空間
     線量はもとより、土壌汚染など長期にわたる大規模な放射能調査を実施し
     放射能汚染の実態を公表すべきではないか。
   ウ)汚染程度が高いところが判明次第、直ちに除染作業を行うこと。
     乳幼児、子供、妊婦の被曝を最小限に抑えるために、学校、幼稚園、保育園、
     公園、産院などの関連施設や通学路の線量低減・除染を優先的に行うべきではないか。

など、長くなってしまいましたが上記の質問に対して一括して篠田市長が答弁されていました。
下記は篠田市長の答弁をメモから文字起こししたものです。

  福島第一原発の安全性は不十分であり、
  放射能の処理や国民への負担の大きさを再認識した。
  今後、地震津波などの災害に対処できるよう努める。
  原発からの撤退については国のエネルギー戦略を受け、その動向を注視しながら
  長岡市、上越市などと連携していく。
  除染などに関しては県の対処を例に挙げ、
  空間線量は通常の範囲内に収まっているところが多く、
  すべての施設への線量計の設置は考えていない。
  汚染程度の高いところはわかりしだい対処していく。

大まかですがこのような答弁でした。
そして風間氏の再質問。
『しっかりとした回答をいただけていないと思います。
 せめてマスコミの責任撤退についてもう一度おねがいします』
再度篠田市長
『マスコミについてはそういった側面はおおいにあると思いますが、
 新潟日報出身の自身の経験としては、巻原発の住民投票による建設中止に
 一役かったと自負していて、一概にどうだこうだというつもりはない。
 撤退については、今は心を明かすときではないと思っています

以上。
僕が一番違和感を持ち、腹がたったのが最後の答弁『今は心を~』の際に
議員席一帯から笑い声が起こったことです。
まるで意識が低いとしか思えませんでした。
しっかりと答えるようにヤジがとんでもおかしくないとは思いませんか?
みなさんはどうお感じになられますでしょうか。
僕は事故から半年経ってこの内容ではとても評価できません。
世界が注視する事故に対する議論とはとても思えません。

事故は隣の県で起こり、新潟県には世界一の原発があります。
そして新潟市は県と同等の権限を持つ政令指定都市です。
今の新潟市の動向は今後の日本において、
世界においてすらとても重要であることは間違いないと思います。
先日の市議会を傍聴するかぎりでは、
議員のみなさんはそのことを実感されていないように思います。
半年経ってこれか。
それが素直な感想です。
各地区から選ばれ、おそらく学歴も高く、
地元の信頼の厚い方々ばかりのはずなのでしょうが。。。

(tsubo23)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-20 00:33 | 2011年9月コメント | Comments(1)