No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2011年 09月 06日 ( 7 )


2011年 09月 06日

原発と私 2/2

今回の原発事故が起こるまで私は表立って反原発行動を起こしたことがありません。身近で大切な人たちのこともありましたし、何より行動することで自分自身が将来に渡って嫌がらせを受けるのではないかと心配したためでした。

新潟県中越沖地震の際、柏崎刈羽原発では火事や放射性物質を含む水が漏れ出したことが問題になりましたが、その時でさえ何もしませんでした。当時話題になった「おやすみなさい柏崎刈羽 署名プロジェクト」への署名さえも結局することができませんでした。心の中で「誰かが原発を止めてくれればいい」とだけ強く思っていました。

d0235522_2352885.jpgそして3.11が起こりました。悲惨な福島の原発事故を目の当たりにし、自責の念にかられています。事故がなければ救われた命がたくさんあったはずです。原発さえなければ守ることが出来たもの、何代にもわたって存続させていけたものが多くあります。

事故がなかったように、何事も起きなかったかのように、くさいものには蓋をして自らを騙し続けて生活し続けることはもう私にはできません。事故後、家族にも原発に関わって生活している大切な人たちにも友人にも今の自分自身の気持ちを打ち明けました。そして4月3日の東電前アクションを皮切りにデモや専門家の講演会等に参加するようになりました。

目に飛び込む景色は事故前となんら変わりがありません。私が住むこの街も以前と変わらぬ日常を人々が送っているかのように見えます。しかし、商店の棚から古米が既に消えたことを例にとってみても自らの命、或いは周囲の大切な人の命を守ろうと必死になっている人が実は多いことがよくわかります。

どうか命を大切にしてください。そして、出来ることならば周囲にみなさんの現在抱いている原発に対する怒りや不安を伝えてほしいと思います。私たちは今回の事故を深刻に受け止め、真剣に腹を立てて声を上げていく必要があります。一人ひとりが行動しない限り、柏崎刈羽原発を含め日本にあるすべての原発を廃炉にすることはできないでしょう。多くの方々に原発に対して、今回の事故に関して考えることを止めないでいただきたいと切に思います。

(t)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-06 23:52 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 06日

原発と私 1/2

d0235522_2350284.jpg私は20代後半の主婦で、子どもはいません。ただ、将来子どもは産みたいと考えています。

私が初めて原発というものを意識したのは中学生の時でした。社会の授業で教師が私たちにこう言ったのです。

「あなたたちはこんなにも近くに爆弾(東京電力柏崎刈羽原発を指す)を抱えているのに怖くはないんですか?」

この言葉は中学生だった私に強烈に響きました。中学生といったらもう社会的問題に目が向く年頃です。それまで私の日常からかけ離れたトンネルの向こうの大きな原発の存在を否が応でも意識せざるを得なくなったのです。

高校でも同じようなことがありました。日本史の授業で柏崎市から来ていた教員が原発について話し、常日頃から自らのバックに入れてある薬(今思えばあれはヨウ素剤か何かだったのでしょうか)を取り出し、「万が一柏崎で事故が起きたらこれを飲むのだ」と説明してくれたのです。

家庭の中でも原発については以前から話題に上っていました。実際、家族皆が原発は危険なものであると意見が一致していましたし、祖父においては「原発と原爆は同じものなのだ」と口癖のように言っていました。また、原発のCMが流れると誰かしらテレビに向かって冷ややかな視線を送っていました。私たち家族はずっと原発に反対でした。

ただ、私には大きな壁がありました。身近に柏崎刈羽原発がないと食べていけない人たちがいたことです。

(t)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-06 23:50 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 06日

文化人ら、新政権は脱原発決意を・・・5万人集会(KYODO NEWS)

d0235522_2218897.jpg文化人ら、新政権は脱原発決意を 19日には5万人集会」(KYODO NEWS 9月6日)

野田政権の発足を受け、脱原発に向けた1千万人の署名を呼び掛けている作家の大江健三郎さんらが6日、都内で会見し「経済的合理性や生産性ばかりにとらわれない理念を掲げる勇気と見識を求める」との声明を発表。会見には、作家の落合恵子さん、ルポライターの鎌田慧さんが出席。大江さんらは、ミュージシャン坂本龍一さんや瀬戸内寂聴さんらとともに、東京・明治公園で19日に開かれる5万人規模の脱原発集会を開く。

*写真は9.5 「柏崎刈羽・科学者の会」と市民との対話集会 石橋克彦さん

(posted by 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-06 22:19 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 06日

鉢呂経産相 国内原発「ゼロになる」 上関は着工「困難」(毎日新聞)

d0235522_17112493.jpg<鉢呂経産相>国内原発「ゼロになる」 上関は着工「困難」」(毎日新聞 9月6日)

 鉢呂吉雄経済産業相は6日の閣議後会見で、国内の原発の将来的なあり方について「野田佳彦首相の発言からいけば、ゼロになる」と述べた。耐用年数を過ぎた原子炉を廃炉にし、新規に原発を建設しないことを前提としたもので、政府として中長期的なエネルギー政策を確定していく中で最終的に判断する姿勢を示した。

 また、中国電力島根原発3号機など建設中の原発については「現在凍結している。(経産省の)総合資源エネルギー調査会の考えも聞く必要がある」と慎重に判断する構え。中国電力上関原発など本体着工前の原発は「さらに困難。増やすどころか減らすという方向は、ほぼ世論の一致しているところ」と否定的な見方を示した。


(posted by 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-06 17:11 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 06日

柏崎市で広瀬隆氏の講演!!入場無料!!

9月9日(金)18時〜
場所:柏崎市産業文化会館・文化ホール
入場無料!! 予約不要だそうです。

『東京に原発を』や『原子炉時限爆弾』などの著書で知られる広瀬隆氏。
貴重なお話が聞けると思います。
ご都合つくかた是非!!

主催:柏崎地区労働組合会議

tsubo23
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-06 12:33 | 2011年9月開催 | Comments(0)
2011年 09月 06日

9.9 「原発事故に伴う放射性物質の環境・農業に与える影響」

d0235522_10265137.jpg日時:9月9日(金) 13:30~15:00
場所:新潟市万代市民会館 6階多目的ホール
参加費:無料(定員250名、前日まで申込) *先着順で定員になり次第締切。
講師:新潟大学教授・農学博士 野中 昌法さん

連絡先:新潟県消費者協会事務局 (電話/ファクス 025-281-5558)

*本情報は 特定非営利活動法人 新潟県消費者協会 HP からの転載です。


*当ブログでは、新潟県内の脱原発イベント情報を出来る限り収集し掲載しています。なお、当ブログでは新潟県内の脱原発イベント情報を募集しています。提供をいただき、確認の取れた情報は随時掲載いたします、どうぞ気軽にお寄せください。ご連絡は、 nonukesniigata(a)gmail.com までお願いいたします((a)を@に変換願います)。 また、当ブログに対するご意見・ご感想も上記アドレスにてお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-06 10:28 | 2011年9月開催 | Comments(0)
2011年 09月 06日

5

9.11 原発やめろ!新潟サウンドパレード
まであと5日!!

大変なのはわかっている。
放射能も不安に思っている。
原発なんていらない。

そうは思っても、だからってどうしたらいいんだろう。

騒いでいる人はいるけど、日本はそんなに悪い国じゃない。
じっと我慢していればきっと事態は良くなる。

なってません。
幸いにも新潟の泉田県知事は、原発に対して懐疑的であるようです。
放射性物質の検査対応も、他県と比較して非常に熱心に取り組んでいただいています。

そこに追い風を送りましょう。

みんなで手を挙げればきっと何かが変わる。
叫ばなくたって、プラカードなんて持っていなくたって、

ただ歩くだけでも十分な主張。

僕は高校生の頃からブルーハーツが大好きで、
1stアルバムにこんな歌詞の歌があります。(要約しています)

『爆弾がおっこちるとき』d0235522_0473065.jpg
爆弾が落っこちるとき何も言わないってことは
すべてを受け入れることだ
僕は自由に生きていたいのに
みんな幸福でいるべきなのに
大人も子供も関係ないよ
左も右も関係ないだろ

隣の県で原発が爆発したんです。
今、何も言わなくていいんですか?
政治的なことや難しい話は置いておきましょう。
こんな事態、黙ってすべてを受け入れることなんてできない。
ただそれだけの動機で十分です。

恐いからとめてくれ。
子供につけをまわしたくない。
絶対安全なんて嘘つき。
電気なんて足りてるじゃないか。
まずは子供を守れ。
安全な食べ物が食べたい。

このくらい身近な主張すら、いま脅かされているんです。
まずは大人が責任をもって主張していくことが大切だと思います。
何か行動を起こすなら良いチャンス。
9.11にみんなで街を歩きましょう。

ちなみに僕が参加するときは、
いつも『気楽に散歩』くらいのスタンスで歩いてます。
どんな参加の仕方があってもいいんじゃないですか?

(tsubo23)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-06 00:01 | 2011年9月コメント | Comments(0)