No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2011年 08月 30日 ( 2 )


2011年 08月 30日

十日町の9校で基準超え放射線量・・・(新潟日報)

十日町の9校で基準超え放射線量 汚泥など除去し、通常範囲に」(新潟日報 8月30日)

十日町市は30日、市内の小中学校全33校で測定した空間放射線量(地表10センチ)を発表した。下条中のプール汚泥捨て場で1時間当たり3・42マイクロシーベルトなど、9校の14地点で市が設定した0・3マイクロシーベルトを上回った。

 市は9校の汚泥などを除去して指定場所に保管したほか、飛散防止のため汚泥があった場所などを覆土した。現在は通常の範囲(0・016~0・16マイクロシーベルト程度)になったとしている。

[PR]

by nonukes_niigata | 2011-08-30 20:55 | 2011年8月コメント | Comments(0)
2011年 08月 30日

12

d0235522_19581170.jpg少なくとも原発事故関連について、政治が分からない、どうしようもなく分かりにくい。いや、およそ理解できない。
なぜ、人々の生命・安全より、お金・経済を優先するのかが分からない。
問題はあまりにも根源的で、優先順位については考えるまでもないはずだ。
そこで、話を逆さに?してみようと思う。では、私自身これまでに"分かる・分かりやすい"政治的な行動を取ったことがあるだろうか。

答えは否だ。選挙以外にはない。
これが私だけでなく、たくさんの人々によって行われ、積み重なり、結果として"分かりにくい"政治になっているとしたらどうだろう。

選挙、その後の政治への反映、ではどうしようもなく遅過ぎる対応になることは明らかだ。ましてや、政治は"分からない"という私の違和感は上に記した。
現在、選挙ではない他の"分かりやすい"表現によって民意を示す必要があるはずだ。これは喫緊の問題だ。

今までの私自身でいうところの、"頭の、心の中の、反対"では、誰にも伝わらない。
なぜならそれは"分からない"からだ。では、"分かる"行動を取ろうと思う。
政治的な行動というと、私自身何だか言葉に距離を感じるのだが、それでも構わない。
1人の市民として"分かる・分かりやすい"政治的な行動を取ろうと思う。
私たちの、子ども達の、未来の為に、少しでも出来ることをしたいと思う。

私は、9.11、新潟での脱原発アクションに参加する。あと12日だ。

(by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-08-30 20:05 | 2011年8月コメント | Comments(0)