No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2011年 08月 26日 ( 4 )


2011年 08月 26日

「消防車が放射能汚染、新車購入へ」(新潟日報)

消防車が放射能汚染、新車購入へ 新潟市、福島原発事故で貸与」(新潟日報 8月25日)

東京電力福島第1原発事故を受けて、新潟市が同社に貸与した消防ポンプ自動車2台が、放射能に汚染されて使えないことが24日、分かった。同市は2台の新車を購入する方針。

 市消防局によると、市には消防庁を通じて3月14日に放水車の提供要請があり、市は毎分2800リットルの放水能力がある2台を貸し出した。貸与期間は1週間程度を見込んでいたが、事故が収束せずに長期化。5月中旬になって消防庁から「東電に継続して使用させたい」として、代替車両を国が弁償する旨の連絡があったという。

[PR]

by nonukes_niigata | 2011-08-26 21:18 | 2011年8月コメント | Comments(0)
2011年 08月 26日

校庭利用の基準「20ミリシーベルト」撤廃へ(asahi.com)

校庭利用の基準「20ミリシーベルト」撤廃へ」(asahi.com 8月25日)

・・・学校の校庭利用をめぐる放射線量基準について、文部科学省はこれまで示してきた「年間20ミリシーベルト」の目安を撤廃する方針を固めた。基準を定めた今年4月と比べて線量が大幅に減ったため。児童生徒が学校活動全体で受ける線量を年間1ミリシーベルト以下に抑えるとの目標は維持するという・・・
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-08-26 21:16 | 2011年8月コメント | Comments(0)
2011年 08月 26日

「飯山市、安定ヨウ素剤購入へ 柏崎刈羽原発から50キロ圏内」

飯山市、安定ヨウ素剤購入へ 柏崎刈羽原発から50キロ圏内」(信濃毎日新聞 8月25日)

・・・市によると、東電福島第1原発事故後に新潟県が柏崎刈羽原発の防災対策重点地域(EPZ)拡大を検討しているのを受け、対応を検討。「事故が起きた時に速やかに対処できるように」(足立正則市長)と、安定ヨウ素剤購入を決めた。40歳未満の住民への投与を想定しており、今後、飯水医師会などと投与基準などを詰めるとしている・・・
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-08-26 21:13 | 2011年8月コメント | Comments(0)
2011年 08月 26日

「セシウム22%が東日本の陸地に 拡散分析・・・」(共同通信)

セシウム22%が東日本の陸地に 拡散分析、国立環境研」(共同通信 8月25日)

 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質は、東北だけでなく関東や甲信越など広範囲に拡散し、ヨウ素131の13%、セシウム137の22%が東日本の陸地に落ちたとの分析結果を、国立環境研究所の大原利真・地域環境研究センター長らが25日までにまとめた。

 大原さんらは、大気汚染物質の拡散を予測するモデルを使い、3月11日の事故発生から3月下旬までに、放射性物質が東日本でどう拡散したかを分析した。

 放射性物質は風に乗って移動し風や雨の影響で地面に沈着。北は岩手や宮城、山形の各県から、南は関東を越え静岡県にも届き、新潟や長野、山梨の各県にも到達した。

[PR]

by nonukes_niigata | 2011-08-26 21:10 | 2011年8月コメント | Comments(0)