No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 04日

10.15 新潟水俣病シンポジウム いま"分断"を乗りこえて @新潟市中央区

*本情報は、新潟県平和運動センターからの転載です。


新潟水俣病シンポジウム いま“分断”を乗りこえて
~ヒロシマ・ナガサキ・ミナマタ、福島を絆(つな)げよう~


水俣病の被害者・関係者は、ミナマタと同じことが福島で繰り返されていると受けとめています。 それは国の対応が、いかに被害を小さく見せるか、いかに安く仕上げるかで一貫しており、そのた めに「線引き」を行っていることにあります。結果として、被害者は“分断”され、コミュニティが崩壊し、弱い立場に追い込まれます。こうしたことは、ヒロシマ・ナガサキにも通じます。今年6月、東京地裁は認定却下された原告全員を原爆症と認め、国の棄却処分を取り消しました。71年経って、いまなお原爆症の認定を巡って裁判が行われています。つまり、国は、ヒロシマ・ナガサキ、ミナマタ、福島原発事故を、同じような手口で幕引きを繰り返してきているのです。この度のシンポジウムはこうした経過を直視し、水俣病と原爆症や福島原発事故との共通点や課 題について共有し、連携して解決につなげていく場となるよう取り組むものです。ご参加ください。


日時: 10月15日(土) 13:30 - 16:30
会場: コープシティー花園 4階 ガレッソホール(新潟駅直結)
内容: 尾崎寛直さん(東京経済大准教授)の問題提起、飯館村村民の報告など

主催: 新潟水俣病被害者の会・阿賀野患者会・弁護団・共闘会議
連絡先: 025-281-2466 (新潟水俣病共闘会議)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2016-09-04 21:43 | 2016年10月開催 | Comments(0)


<< 9.18 いのち・原発を考える...      8.28 いのち・原発を考える... >>