No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 28日

【東電と規制庁】 汚染水問題で非公開面談、柏崎刈羽原発の再稼働には触れず?

【東電と規制庁】 汚染水問題で非公開面談、柏崎刈羽原発の再稼働には触れず?
(田中龍作ジャーナル 10月28日)

・・・柏崎刈羽原発の安全審査(再稼働)が議題にのぼることはなかった、という。額面通りに受け取ってよいものだろうか。

池田長官はメモを読み上げながら話した。廣瀬社長は ぶら下がり会見で記者2人の質問にしか答えなかったが、廣瀬社長と池田長官の話は重複する。矛盾点はひとつもない。おそらく規制庁側と東電側で『ぶら下がり会見ではこう答えましょう』と摺合せができているのだろう。

作業員が確保できないために初歩的なミスが相次ぐ。ALPS(多核種除去装置)はトラブル続きでまともに稼働しない。タンクばかりでない。高濃度汚染水のトレンチからの海洋流出も深刻だ。たいがいの人は汚染水問題がニッチもサッチも行かなくなっていることを知っている。

廣瀬社長からはもっと深刻な現状が報告され、田中委員長からは大胆な解決策が提案されたのではないだろうか・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-10-28 22:05 | 2013年10月コメント | Comments(0)


<< 12.1 放射能汚染を考える市...      放射性セシウム:野生キノコから... >>