No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 23日

審査延期 東電社長聴取後に判断−−規制委

新潟・柏崎刈羽原発:審査延期 東電社長聴取後に判断−−規制委(毎日新聞 10月23日)

原子力規制委員会は23日の定例会で、作業ミスによる汚染水漏れが続いた東京電力福島第1原発について、田中俊一委員長が東電の広瀬直己社長と直接面会して現状や改善策について事情聴取すると決めた。東電が再稼働に向けて申請した柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の安全審査の開始については面会を踏まえて判断する方針で、当面延期されることになった。

審査には半年程度かかる。審査開始が遅れると今年度内の再稼働は極めて困難となる。東電は早期の原発再稼働で収支改善を図る考えだが、見直しを迫られる可能性も出てきた。

東電が福島原発の汚染水対策と柏崎刈羽の安全管理を両立できるとした報告書について、田中委員長は「柏崎刈羽できちんと管理できるなら、なぜ福島原発でできないのか大変疑問」と東電の現場管理能力を疑問視。他の委員も「東電は現場の問題を吸い上げていない」(中村佳代子委員)、「事故対応で疲弊し、人材流出も止まらない会社が将来の難局を乗り切れるかというと誰も信用できない」(大島賢三委員)と管理能力不足を指摘した・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-10-23 21:37 | 2013年10月コメント | Comments(0)


<< 島根原発:住民が「脱原発」県条...      【新潟報告】 泉田知事 「田中... >>