No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 16日

柏崎刈羽原発:東電報告書は不十分 原子力規制委が指摘

柏崎刈羽原発:東電報告書は不十分 原子力規制委が指摘(毎日新聞 10月16日)

原子力規制委員会は16日、定例会を開き、東京電力が福島第1原発の汚染水問題に取り組みながら、柏崎刈羽原発(新潟県)の安全管理を適切にできるとした報告書について、「不十分」と指摘した。規制委の田中俊一委員長は「(報告書が)実態かどうかを精査した上で判断したい」と述べ、今後の精査によっては、東電が柏崎刈羽6、7号機の再稼働に向けて申請している安全審査の開始が遅れる可能性が出てきた。

福島第1で作業ミスによる汚染水漏れが続いたのを受け、東電は15日、規制委が求めていた報告書を提出した。東電は、福島第1での全作業の手順書作成などの強化策を提示し、柏崎刈羽で適切な安全管理ができるとした。

だが、田中委員長は16日の定例会で「指示した趣旨と違う。作業手順書などで済む話じゃない。もっと深い根っこがある」と指摘、報告書の妥当性の判断には時間がかかるとの見通しを示した。【岡田英】


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-10-16 23:00 | 2013年10月コメント | Comments(0)


<< 【新潟発】 報道とは裏腹、泉田...      原発排気装置の調査チーム設置 ... >>