No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 16日

原発排気装置の調査チーム設置 新潟県技術委

原発排気装置の調査チーム設置 新潟県技術委(日本経済新聞 10月16日)

東京電力柏崎刈羽原子力発電所が立地する新潟県は16日、原発の安全を議論する県の技術委員会の事務局にフィルター付きベント(排気)装置の調査チームを設けると発表した。県、柏崎市、刈羽村などの自治体や東電で構成し、10月末から調査を始める。事故時の避難計画と合わせるため、ベント装置の性能や運用、排気した際の被曝(ひばく)量などの情報を集める。

泉田裕彦知事は16日の記者会見で「運用したときに健康に被害が及ばないように避難できるか検証する。最悪の状況でどうなるか、シミュレーションが先だ」と語った。

ベント装置は過酷事故時に放射性物質の放出を抑制する設備だが、泉田知事は「薄めるとはいえ、放射性物質を外部に放出する設備だ」と指摘している。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-10-16 22:57 | 2013年10月コメント | Comments(0)


<< 柏崎刈羽原発:東電報告書は不十...      (毎週金曜) 再稼動反対 柏崎... >>