No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 18日

福島第1原発事故 東電から7500万円 県、初めて賠償受領

福島第1原発事故 東電から7500万円 県、初めて賠償受領(毎日新聞 9月18日 地方版)

県は17日、東京電力福島第1原発事故に伴い、県が同社に損害賠償請求している経費計約7億6000万円のうち、約7500万円について今年5月と今月の2回にわたって支払いを受けたと発表した。県が東電から賠償を受けたのは同事故後初めて。

県防災局によると、県は空気中の放射線量を調べるための検査機材の購入費や、下水道処理などで生じた放射性物質を含む汚泥の保管費用など、掛かった経費のうち、2010〜11年度分の計約7億6000万円を昨年12月と今年3月に東電に請求していた。

このうち、5月30日に下水道処理場で発生した汚泥の処理費用として請求した全額の約500万円が、今月17日には、市販されている食品や学校給食の検査費用として請求した約7000万円が、それぞれ支払われた。

一方で、検査機材の購入費や福島県からの避難者受け入れに掛かる経費などは支払われていない。県の担当者は「一つ一つの領収証をまとめていくのも時間が掛かる作業だが、12年度分についても順次、東電に請求していく」としている。【塚本恒】


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-09-18 21:22 | 2013年9月コメント | Comments(0)


<< 10.3 放射能は故郷を奪う!...      9.29 ふくしま共同診療所 ... >>