No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 07日

柏崎刈羽原発:ベント装置了解 「事前」解釈食い違い 東電「供用」、柏崎市は「設置」

柏崎刈羽原発:ベント装置了解 「事前」解釈食い違い 東電「供用」、柏崎市は「設置」(毎日新聞 8月7日 地方版)

柏崎刈羽原発で設置計画のある「フィルター付きベント(排気)装置」について6日、柏崎市と刈羽村が条件付きの事前了解を出した。だが実は「事前」の意味について、東電と柏崎市は解釈が食い違っている。装置の「供用」の了解だとする東電に対し、市は「設置の了解で、供用は別」という。実際の供用までには、市と東電の間でさらに話し合いが必要となりそうだ。

東電は先月5日、「フィルタベント設備の供用に係る事前了解について」と題した文書を提出し、市と村に了解を求めた。6日にも「供用に事前了解をいただきました」と文書でコメントを発表した。

しかし会田洋・柏崎市長は、了解後の記者会見で「供用の意味について、東電と同じ立場には立っていない」と食い違いを明らかにした。さらに「(ベントで放射性物質を放出する場合に)どの段階でどんな情報が市に届き、住民にどう避難指示を出すか。連絡体制や情報伝達が大きな課題で(詳細が)詰まらないうちは装置を使うことは認めない」と話し、避難計画の完成が供用の条件だとの見解を改めて示した・・・

・・・横村忠幸発電所長は「ベント装置の運用についてはベント時の(周辺でどれだけ放射線量が上がるかの)シミュレーション結果を踏まえ自治体とよく調整したい」と話した。

刈羽村は「供用について了解する」と文書で回答し、食い違いはない。【高木昭午】


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-07 22:54 | 2013年8月コメント | Comments(0)


<< なんだか「小沢報道」と似てきた...      (YouTube動画) Gil... >>