No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 23日

原発関連建設を中止 中国・広東省 住民が反対運動

原発関連建設を中止 中国・広東省 住民が反対運動(しんぶん赤旗 7月15日)

【北京=小林拓也】中国・広東省江門市鶴山で計画されていた核燃料加工施設建設が、住民の反対運動を受け中止されることが決まりました。地元政府が13日に発表しました。12日に1000人以上の住民が参加する反核デモが行われた直後の決定に、中国版ツイッター「微博」上には、「人民の勝利だ」「団結は力だ」などの喜びの声が次々と寄せられています。

中国メディアによると、この建設計画は、370億元(約6000億円)を投じて、ウラン濃縮施設などを含めた大規模な核燃料加工施設を建設するというもの。人口が多い中国東南地方の沿海部には稼働中の原発はあるものの、この種の核施設の建設は初めてで、周辺住民の懸念を引き起こしていました。

予定されていた建設地は人口密集地のマカオから100キロ、香港から120キロしか離れておらず、いったん事故が起きれば被害が広がると警告する声が上がりました。

江門市政府と関連企業は今月4日に突然計画を発表。4~13日の予定で住民からの意見募集を始めました。しかし住民の反対意見が噴出。12日、江門市政府前に1000人以上の人が集まり、「核汚染に反対」「GDPはいらない。命がほしい」などのプラカードや横断幕を掲げて抗議しました。

中国では近年、環境汚染を懸念した住民の反対で化学工場などの建設が中止になる例が相次いでいます。そうしたなかでも、反核運動によって原発関連施設の建設が中止になるのは異例です。

「微博」上には、「福島原発事故の悲惨な教訓は過去のものではない」「福島を見れば、自分の故郷を危険な状況にはしたくない」などの書き込みが相次いでおり、2011年3月の東京電力福島第1原発事故で放射能の危険性を知り、今回の反核行動に立ち上がった住民が多くいるとみられます。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-23 21:14 | 2013年7月コメント | Comments(0)


<< (参考: YouTube) 三...      原発避難者580人、東電と国を... >>