No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 02日

柏崎刈羽、再稼働申請を表明=新潟知事は強く反発-地元説得難航も・東電

柏崎刈羽、再稼働申請を表明=新潟知事は強く反発-地元説得難航も・東電(時事ドットコム 7月2日)

東京電力の広瀬直己社長は2日午後、東京都内の本社で記者会見し、柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)の再稼働に向け、原子力規制委員会に同原発6、7号機の安全審査を速やかに申請する方針を表明した。申請方針は同日の取締役会で全会一致で決定した。東電は原発の運転再開を急ぐことで、収益を圧迫する火力発電の燃料費を削減し、再建計画で掲げた2014年3月期の経常黒字化を達成したい考えだ。
 

再稼働には地元自治体の同意が必要となるが、新潟県の泉田裕彦知事は、東電の方針表明を「(福島第1原発)事故の責任を果たしていない中で申請するのは国民の理解は得られない」と強く批判。広瀬社長は「どういう安全対策をしているか丁寧に説明して理解をいただきたい」と自ら新潟県を訪問して説明に当たる考えを示しているが、同知事らの説得は難航が避けられそうにない。

規制委は8日、原発の安全性に関する新たな規制基準を施行する予定。ただ、広瀬社長は安全審査申請の具体的な時期は明言せず、柏崎刈羽原発の再稼働の時期についても「審査が滞りなく進むのを期待しているが、いつごろとは申し上げられない」と述べるにとどめた。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-02 21:02 | 2013年7月コメント | Comments(0)


<< 知事 東電に県の事前了解求める      8.25 映画『福島 六ヶ所 ... >>