No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 30日

印と原子力協定 再開 日本 原発輸出の推進加速

印と原子力協定 再開 日本 原発輸出の推進加速(東京新聞 5月30日)

安倍晋三首相は二十九日、来日中のインドのシン首相と首相官邸で会談し、原発輸出の前提となる原子力協定について協議を再開し、早期妥結に向け交渉を加速させることを盛り込んだ共同声明に署名した。安倍政権は東京電力福島第一原発事故の原因が十分に解明されていないにもかかわらず、原発輸出を推進する姿勢を強めている。 =社説<5>面

原子力協定をめぐっては、核拡散防止条約(NPT)未加盟の核兵器保有国のインドに対して、日本が核の平和利用の確約を求めている。首脳会談で、安倍首相が包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効の重要性を指摘した。シン首相は一方的、自主的な核実験の実施凍結を約束した。

会談では、インドの高速鉄道計画への日本の新幹線技術導入に向けた共同調査を実施することも決めた。調査は、インド最大都市ムンバイと北西部の工業都市アーメダバードを結ぶ約五百キロメートルの区間が対象。インドで公表されている七路線の高速鉄道計画の一つで、日本は車両や運行システム、管理、保守などをパッケージとして輸出を目指す。

このほか、ムンバイでの地下鉄整備で日本が七百十億円を貸し付けることで合意。海上自衛隊救難飛行艇「US-2」のインドへの輸出に向けて、合同作業部会の設置を決めた。

天皇、皇后両陛下が十一月末から十二月初旬にインドを訪問する方向で準備を進めることも確認した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-05-30 20:47 | 2013年5月コメント | Comments(0)


<< 静岡知事選:原発再稼働の県民投...      7.7 映画『渡されたバトン』... >>