No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 27日

県民投票実現へ活動継続 柏崎原発 「決める会」が報告 新潟

県民投票実現へ活動継続 柏崎原発 「決める会」が報告 新潟(新潟日報 5月27日)

東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を問う県民投票の実施を目指して直接請求した市民団体「みんなで決める会」が26日、新潟市中央区の万代市民会館で活動報告会を開き、市民ら約100人が集まった。「決める会」の共同代表の橋本桂子さん(40)=上越市=は「条例案は否決されたが、(県民投票の)必要性までは否定されていない」と、今後も投票実現に向けて活動を続ける考えを示した。

また、県議会での審議について「時間が短い。否決に納得がいかなかった」と話した。投票実現には県民と知事、県議会とがビジョンを共有することが大切だと強調し、「今後は知事や県議から条例案が出され、可決されることを望む。そのためにも決める会の活動の実効性を高めたい」と述べた。

この後の意見交換で、会場から「脱原発を目指す県民投票にするべきだ」との声も上がったが、「さまざまな意見が尊重される取り組みにしたい」と回答。再稼働の賛否にかかわらず、広く意見を聞く活動にしたいとした。

決める会は昨年4月に発足。6月から署名活動を始め、約6万8千人分を集めた。12月に県に本請求をしたが、ことし1月の県議会臨時会で条例原案、一部の県議による修正案とも否決された。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-05-27 22:28 | 2013年5月コメント | Comments(1)
Commented by Keiko Hashimoto at 2013-05-28 06:54 x
No nukes! Niigata! Benさま
ありがとうございます!!
直接請求活動中、「みんなで決める会」の情報をUPしてくださいまして本当にありがとうございました!! 他の情報も参考にさせていただきました。
新しい「みんなで決める会」の活動でもひきつづきよろしくお願いいたします☆


<< 原発再稼働へ早期審査求める 全...      地域の会が柏崎刈羽原発を視察 >>