No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 26日

避難者の健診、3月末まで延長 県内での受診

避難者の健診、3月末まで延長 県内での受診(新潟日報 5月24日)

県は24日までに、東日本大震災で本県に避難した福島、宮城両県民を対象に、本県内で実施している特定健康診査(メタボ健診)と後期高齢者健診の受診を、来年3月末まで延長することを決めた。

対象は、福島市や南相馬市など福島県の21市町村と、仙台市など宮城県の9市町に住民票があり、市町村の国民健康保険(国保)などに加入している人。各市町村国保や県後期高齢者医療広域連合の担当課への申し込みが必要となる。

県内での受診は2011年度から始め、ことし3月末が期限だった。

問い合わせは県国保・福祉指導課、025(280)5185。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-05-26 21:30 | 2013年5月コメント | Comments(0)


<< 地域の会が柏崎刈羽原発を視察      南魚沼市、原発対策盛る 地域防... >>