No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 10日

震災1年の岩手、福島の現状紹介 柏崎で写真展

震災1年の岩手、福島の現状紹介 柏崎で写真展(毎日新聞 9月9日 地方版)

震災から1年あまりたった岩手、福島両県を写した写真展「それぞれの現在(いま) 東日本大震災の現場から」(柏崎市被災者サポートセンター「あまやどり」主催)が8日、柏崎市学校町の同市立図書館で始まった。

写真は計85枚。岩手県大船渡市の写真は、6月などに同市民が撮影した。津波で壊れた建物や、復興に向けてミサンガ作りに励む人たちなどが写る。

福島県いわき市、富岡町、楢葉町の写真は、3市町から柏崎に避難中の「あまやどり」のスタッフが7〜8月に一時帰宅し撮った。廃船が集められた港や草で隠れた線路、元ガレージに集まる牛などの様子が分かる。

富岡町から避難中のスタッフ、木村珠里さん(28)は6月、他のスタッフらと大船渡市を訪問。「被災者同士なのにお互い現状を知らない」と感じ、被災地の現状を広く知らせたいと写真展を企画したという。

15日まで。午前10時〜午後5時。無料。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-10 20:33 | 2012年9月コメント | Comments(0)


<< 5号機の制御棒動作に不良 東電...      指定廃棄物最終処分、国の候補地... >>