No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 06日

423

d0235522_2310150.jpg数え方に間違いがなければ、今日で3.11から423日目です。
2012年5月5日、つまり昨日、日本国内の全ての原発が止まりました。
そして停電などの問題は生じていません、またそのような報道はありません。
原発がなくても電気供給には問題がないことが改めて明らかになっています。
この状態を一時的なものとはせずに全ての原発を全廃にすることが、その声が、誰にでも届く大きな声が、私たちに求められているのだと思います。

YouTubeの動画を紹介します。

電気が足りないから再稼働するのではない。関電が明言(21:05)

5月2日にテレビ朝日のモーニング・バードで放送された内容です。11:30ころからが直接的にタイトル部分に関わる内容になっています。明言部分は「やっぱり!」と思うと同時に衝撃的だと思います。ぜひご覧ください。

さて、いとうせいこうさんが去年の9月11日に行われた反原発デモでポエトリーリーディングをした際に名前のあがったビースティ・ボーズのMCAことアダム・ヤウクさんが5月4日に亡くなりました。とても悲しいニュースです。
古町のカミーノ(当時)にタワーレコードが入っていたころ、グランド・ロイヤルという彼らのレーベル名でもあった雑誌を立ち読むことが、私にはオシャレというか、どこか格好いいことのように思えました。彼らが音楽やファッションなどに与えてきた影響はとてもとても大きいと思います。日本で撮影されたと思われる彼らのビデオ・クリップを紹介します。

Intergalactic(4:35)

d0235522_2310581.jpgそして昨日、新潟市にある市民映画館シネ・ウインドで映画「イエロー・ケーキ」を見てきました。内容としては、原発の運転には欠かせないウランの採掘とそれに関わる話(ドキュメンタリー形式)でした。私の記憶が正しければ、柏崎刈羽原発の原料の殆どはカナダとオーストラリアからのウランだったと思うのですが、それらの国々を始めとしたウランの採掘現場や状況を少なからず知ることができ、有益であったと同時にとても考えさせられる映画でした。特に、ウランの採掘に当たっては、採掘したものの中から必要とされるウランの部分がわずか1%に過ぎず、残りの99%については捨てられてしまうこと、そして後に廃棄される99%については、放射能汚染の被害を及ぼすもので、その量や管理といった部分が深刻な問題であることが分かり驚きました。
映画は18日まで公開されています、ぜひシネ・ウインドまで足を運んでみてはいかがでしょうか。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-05-06 23:11 | 2012年5月コメント | Comments(0)


<< 5.13 第1回声を上げよう!...      5.11 「福島原発告訴団」説... >>