No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 29日

湯川博士の弟子らが脱原発依存訴える声明

湯川博士の弟子らが脱原発依存訴える声明(朝日新聞 4月27日)

d0235522_9345432.jpg戦後の原水爆禁止運動で中心的な役割を果たした湯川秀樹博士の京都大の研究室に所属した弟子たちが27日、脱原発依存を訴える声明を出した。

徳岡善助・京大名誉教授(86)ら8人。声明では、政府には脱原発の政策を明確にすること、原子力関連の学界、研究者には原発や放射能の危険性について勇気ある発言をすることを求めている。

日本で初めてノーベル賞を受賞した湯川博士は、原爆で開発された技術が未熟なまま原発に転用され、基礎研究もせず導入されることに懸念をもち、初代の原子力委員になったが、1年あまりで辞任した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-04-29 09:34 | 2012年4月コメント | Comments(0)


<< 6.19, 23 映画「内部被...      脱原発首長会議を設立、決議採択... >>