2012年 04月 03日

胎内に避難者の交流センター 「みんなで夢語る場に」

胎内に避難者の交流センター 「みんなで夢語る場に」(毎日新聞 地方版 4月3日)

東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の影響で福島、宮城両県から157人が身を寄せている胎内市で2日、避難者の交流センター「しゃくなげ」が同市西条町の旧本条小にオープンした。

借り上げ住宅への入居などで避難者同士の交流が減ったため、情報交換できる場をつくろうと市が開設。閉校した小学校の一室を利用し、福島県南相馬市からの避難者がスタッフとして常駐する・・・

・・・同センターでは、福島県や東電関係の情報を提供。原則平日午前10時~午後3時。問い合わせは胎内市総務課(0254・43・6111、内線1312)。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-04-03 21:10 | 交流拠点などの情報 | Comments(0)


<< 見附市、市民持参の食材の放射性...      柏崎原発運転差し止め23日提訴へ >>