No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 10日

小学生にも分かる、原発とは ②(saitou)

前回お話したとおり、
「原発」は大きな危険が伴うウランという物質を使って電気を作っています。

危険なのになぜウランを使うのでしょうか?3つの理由があるようです。

①まずは経済性、ようするにお金がとても儲かると言われていたからなのです。
例えば電気を1kw作るために火力発電所では10.2円かかります。
同じく水力発電所では13.6円かかります。
そして「原発」(原子力発電所)では5.9円しかかからないと言われていたのです。

②次は二酸化炭素の排出量が少ないからということ。
何故二酸化炭素が少ないと良いのかと言うと、
二酸化炭素は地球を温暖化して砂漠にしてしまうと言う人がいたからです。

③そしてもうひとつの理由は核兵器です。
第二次世界大戦中、アメリカは原子力爆弾=原爆を作りました。
しかしこの原爆を作っていると、ウランの大部分がゴミとして出てきてしまいました。
ウランは原子力爆弾の材料にもなりますが、
原子力爆弾の為に必要なのはウランのほんのちょっとだけ。
だからゴミとして出たウランを無駄にしないために、原子力発電所を作ったのです。
*サイト原発と原爆の関係より参照http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1795/datugenpatu/9908genpatugenbaku.htm

「原発」はこのような理由で作られたようです。
もし君が総理大臣なら、「原発」を作りますか?

※発電コストの比較は経産省資源エネルギー庁2002年2月公表資料に依る
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-01-10 08:41 | 原発がいらない理由 | Comments(0)


<< 原発住民投票:大阪は必要署名数...      文科相、ベトナム原発2期工事で... >>