2011年 11月 27日

佐渡全域にヨウ素剤

佐渡全域にヨウ素剤(asahi.com 11月25日)

佐渡市が東京電力柏崎刈羽原発で事故があった場合に備え、安定ヨウ素剤を佐渡島全域に配備する検討を始めた。原発事故の防災対策の重点区域について、内閣府の原子力安全委員会は一時、原発から50キロ圏内をヨウ素剤を準備すべき地域に指定しようとした。佐渡市の場合、原発から50キロ圏内に入るのは一部地域=地図に過ぎないが、市は、本土と違って逃げ場がない離島の事情を踏まえた対策が必要だと判断した。


高野宏一郎・佐渡市長は重点区域の見直しについて「佐渡は離島であり、他の地域とは違った市独自の対応をせざるをえない。島全域に安定ヨウ素剤を配備することも含め、より厚めの対策を検討しなければならない」と話す・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-11-27 22:03 | 2011年11月コメント | Comments(0)


<< 東日本のセシウム汚染地図完成 ...      YouTube音楽動画 hum... >>