No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 20日

県が放射線量の補足調査を終了 県境地域も「通常範囲」

県が放射線量の補足調査を終了 県境地域も「通常範囲」(新潟日報 11月18日)

d0235522_12201511.jpg県は18日、文部科学省の航空機による放射線量調査を受け、あらためて補足的な調査を行った結果、放射線量が比較的高いとされた県境地域でも通常の範囲(1時間当たり0・016~0・16マイクロシーベルト)だったと発表した。文科省も11日に県内の放射線量の評価を「ほぼ全域で低い」と修正したため、県は今回で補足調査を終了した。

調査は10月21日~今月10日にかけて実施。放射線測定器を搭載した車で県境に近い魚沼市や新発田市など11市町の道路を巡回した結果、空気中の放射線量は最大でも1時間当たり0・13マイクロシーベルトにとどまった。比較的高い線量を記録した場所は天然の放射性物質を含む岩石などでできたトンネル内が多かったという。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-11-20 12:20 | 2011年11月コメント | Comments(0)


<< 11.26 原発問題と自然エネ...      がれき処理、16自治体が現場視察 >>