No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 02日

九電「地元の了解、ある意味必要ない」 玄海4号機再開

九電「地元の了解、ある意味必要ない」 玄海4号機再開(asahi.com 11月2日)

d0235522_11293780.jpgトラブルで停止していた佐賀県玄海町の九州電力玄海原発4号機の運転が、1日深夜に再開された。「やらせメール」問題も収束しない中、「説明不足」と批判されながらの再開。慌ただしさの背景には、経済性を優先して再開を急いだ九電の姿勢がくっきりと浮かぶ。

「地元の了解は、ある意味必要ない」。午後7時半から急きょ始まった九州電力の会見。原子炉の運転再開に「地元の理解を得た」としながら根拠は示せず、「なぜ地元の理解が得られたと言えるのか」と再三問いただされた原子力発電本部の豊嶋直幸部長は、つい、こう漏らした。

原子力への見方をがらりと変えた東京電力福島第一原発事故の後、止まっている原発が運転再開するのは初めて。それなのに役員クラスは会見に姿を見せず、出席した原子力部門の2人は「定期検査中の原発とは違う」「扱いは運転中の原発と同様」と繰り返した。

 だが、質問は地元との信頼関係に集中。やらせメール問題の決着も見通せないなか、なぜもっと丁寧な説明をしないのか問われても「メール問題と4号機再開の話は別」。石川伸一グループ長も「逆にこのまま止めておく理由もない」と話した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-11-02 11:29 | 2011年11月コメント | Comments(0)


<< クローズアップ2011:原発ず...      経産省前の座り込みに参加して >>