No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 18日

浜岡「永久停止を」焼津市長に聞く 福竜丸の地元 廃絶訴えたい

浜岡「永久停止を」焼津市長に聞く 福竜丸の地元 廃絶訴えたい(東京新聞 10月18日 夕刊)

-「永久停止」を表明した。

人間がコントロールできないものは使わない方がいい。これまでも「つくったものは必ず壊れる。万が一の対策をやってもらわないと困る」と言い続けてきたつもりだ。市民を守り、子どもや孫の将来を思うと、永久停止と言うしかない。ただそれでも使用済み燃料は残る。中部電力には地震、津波が来ても耐えうる対策を望む。

d0235522_191765.jpg -福島の事故前と後で考えは変わったか。

事故前は、核の平和利用もあるのかな、と思っていた。原発で電気を供給することが平和利用と考えていた。事故後、平和利用という点でも原発はハードルが高くなった。

-第五福竜丸事件の記憶も地元に強い。

乗組員二十三人は突如として被ばくし、大変悔いのある一生を送ったと思う。焼津の市長として、責任をもって、折に触れて、核兵器廃絶、原発の永久停止を訴えたい。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-18 19:01 | 2011年10月コメント | Comments(0)


<< 『エンデと語る 作品・半生・世...      震災後初めて柏崎原発に核燃料搬入 >>