No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 13日

福島第1原発:新潟・秋田県分の汚染マップ公表…文科省

福島第1原発:新潟・秋田県分の汚染マップ公表…文科省(毎日新聞 10月12日)

d0235522_23191728.jpg文部科学省は12日、東京電力福島第1原発事故で生じた放射性セシウムの土壌蓄積量を航空機(ヘリコプター)を使って測定して作製中の汚染マップのうち、新潟県と秋田県分を公表した。新潟県は魚沼市、胎内市、村上市、関川村の一部地域でセシウム134(半減期2年)と137(同30年)を合わせて1平方メートルあたり10万ベクレル以上を計測し、最大は関川村北部の約16万ベクレル。秋田県はほとんど蓄積がなかった。マップは文科省のウェブサイト(http://radioactivity.mext.go.jp/ja/)で見ることができる。

***Brief translation
In Niigata pref., some part of Uonuma-shi, Tainai-shi, Murakami-shi, and Sekikawa-mura are radioactively contaminated by more than 100,000bp/m2 at cesium 134/137 base.

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-13 23:19 | 2011年10月コメント | Comments(0)


<< チェルノブイリの避難ルールを基...      新潟、県境・北部に高いセシウム... >>