No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 21日

10.16  『チェルノブィリからみた福島第一原発震災』

『チェルノブィリからみた福島第一原発震災』 ~土壌浄化・エネルギー自給の可能策を探る~

放射能汚染の大地・空・海を見すえて、これからどういきるべきか、汚染現場の調査、被災者の救援、医療・物資支援に取り組んできた専門家の一つの視点をお伝えします。

日時:10月16日(日) 13:00~16:30 (受付開始 12:30~)
プログラム:
1部 「福島原発震災とチェルノブイリ」 13:00~14:30
2部 「放射能汚染下でどう生きるか」 15:00~16:30
会場:新潟東映ホテル(新潟市中央区弁天2-1-6 tel025-244-7101) *定員200名
参加費:500円
申込連絡先: Tel&Fax 025-269-5833(大野さん)

講師紹介:河田冒東(かわた まさはる)さん
「チェルノブイリ救援・中部」理事。遺伝子組み換え研究の専門家、1990年からウクライナで被災者救援活動を展開。また、2006年からは医療・物資支援に加え、土壌から放射能を吸収、農業復興による地域再生をめざす「菜の花プロジェクト」を開始しています。

主催:にいがた有機農業推進ネットワーク

(posted by Ben 10people10color)

d0235522_11231489.jpg*当ブログでは、新潟県内の脱原発イベント情報を出来る限り収集し掲載しています。なお、当ブログでは新潟県内の脱原発イベント情報を募集しています。提供をいただき、確認の取れた情報は随時掲載いたします、どうぞ気軽にお寄せください。ご連絡は、 nonukesniigata(a)gmail.com までお願いいたします((a)を@に変換願います)。 また、当ブログに対するご意見・ご感想も上記アドレスにてお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-21 11:24 | 2011年10月開催 | Comments(0)


<< 脱原発デモに6万人が参加 (O...      「ボクが東電前に立ったわけ(園... >>