No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 06日

原発と私 2/2

今回の原発事故が起こるまで私は表立って反原発行動を起こしたことがありません。身近で大切な人たちのこともありましたし、何より行動することで自分自身が将来に渡って嫌がらせを受けるのではないかと心配したためでした。

新潟県中越沖地震の際、柏崎刈羽原発では火事や放射性物質を含む水が漏れ出したことが問題になりましたが、その時でさえ何もしませんでした。当時話題になった「おやすみなさい柏崎刈羽 署名プロジェクト」への署名さえも結局することができませんでした。心の中で「誰かが原発を止めてくれればいい」とだけ強く思っていました。

d0235522_2352885.jpgそして3.11が起こりました。悲惨な福島の原発事故を目の当たりにし、自責の念にかられています。事故がなければ救われた命がたくさんあったはずです。原発さえなければ守ることが出来たもの、何代にもわたって存続させていけたものが多くあります。

事故がなかったように、何事も起きなかったかのように、くさいものには蓋をして自らを騙し続けて生活し続けることはもう私にはできません。事故後、家族にも原発に関わって生活している大切な人たちにも友人にも今の自分自身の気持ちを打ち明けました。そして4月3日の東電前アクションを皮切りにデモや専門家の講演会等に参加するようになりました。

目に飛び込む景色は事故前となんら変わりがありません。私が住むこの街も以前と変わらぬ日常を人々が送っているかのように見えます。しかし、商店の棚から古米が既に消えたことを例にとってみても自らの命、或いは周囲の大切な人の命を守ろうと必死になっている人が実は多いことがよくわかります。

どうか命を大切にしてください。そして、出来ることならば周囲にみなさんの現在抱いている原発に対する怒りや不安を伝えてほしいと思います。私たちは今回の事故を深刻に受け止め、真剣に腹を立てて声を上げていく必要があります。一人ひとりが行動しない限り、柏崎刈羽原発を含め日本にあるすべての原発を廃炉にすることはできないでしょう。多くの方々に原発に対して、今回の事故に関して考えることを止めないでいただきたいと切に思います。

(t)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-06 23:52 | 2011年9月コメント | Comments(0)


<< 4      原発と私 1/2 >>