No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 26日

「セシウム22%が東日本の陸地に 拡散分析・・・」(共同通信)

セシウム22%が東日本の陸地に 拡散分析、国立環境研」(共同通信 8月25日)

 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質は、東北だけでなく関東や甲信越など広範囲に拡散し、ヨウ素131の13%、セシウム137の22%が東日本の陸地に落ちたとの分析結果を、国立環境研究所の大原利真・地域環境研究センター長らが25日までにまとめた。

 大原さんらは、大気汚染物質の拡散を予測するモデルを使い、3月11日の事故発生から3月下旬までに、放射性物質が東日本でどう拡散したかを分析した。

 放射性物質は風に乗って移動し風や雨の影響で地面に沈着。北は岩手や宮城、山形の各県から、南は関東を越え静岡県にも届き、新潟や長野、山梨の各県にも到達した。

[PR]

by nonukes_niigata | 2011-08-26 21:10 | 2011年8月コメント | Comments(0)


<< 「飯山市、安定ヨウ素剤購入へ ...      新潟「子供を守る会」企画~泉田... >>