No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 25日

「想定外の津波」認識変えず=あくまで「試算」強調(時事通信社)

「想定外の津波」認識変えず=あくまで「試算」強調―福島第1原発(時事通信社8月25日)

東京電力が福島第1原発に最大15メートルを超える津波が来る可能性を試算していた問題で、東電の松本純一原子力・立地本部長代理は25日、「あくまで試算であり、設計上の想定を変更するものではなかった」と述べ、事故後の「想定外の津波」とするこれまでの同社の説明について、問題はないとの認識を示した。

 東電は、政府の地震調査研究推進本部が2002年7月に三陸沖から房総沖を震源とする地震の発生確率を発表したのを受け、明治三陸地震(1896年)と同規模の地震が福島県沖で起きたと仮定し、最大で15.7メートルの津波が押し寄せる恐れがあると試算。また、貞観地震(869年)を想定した試算でも、最大9.2メートルの津波が来る可能性があるとしていた。

 東電はこうした試算結果を受け、土木学会に津波評価基準の見直しを要請していたが、この際、当時の原子力担当役員ら経営陣は試算の存在を認識。清水正孝前社長も、遅くとも事故後には知っていたという。
 
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-08-25 16:23 | 2011年8月コメント | Comments(0)


<< 9.17 シンポジウム:原発ゼ...      「セシウム汚泥、県内処分あり得... >>