No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 06日

メールをいただきました②

メールをいただきました。
内容を掲載することについて、ご本人より了承をいただきました。
当ブログでは、感謝の気持ちを込めて以下*印内にて紹介させていただきます。

************************************************************************
原発って危険だ。
そう感じたのは今回の事故後、勉強をしてからだ。それまでは曖昧なチェルノブイリの知識しかなく、ただ漠然と危ないもの、としか知らなかった。
自分に火の粉が降りかかって、初めて怖いとまで思えた。なんとも情けない。

自分には0歳の娘がいる。望外の可愛さで、それだけに心配は一段と深い。
この娘の責任のないところで、つらい目に合わせたくはない。なんの悪意も持たない純真な幼子を悲しませたくない。親としての正直な気持ちだ。たとえそれが社会の常識であっても。

この原発事故は、多くの社会問題を浮き彫りにした。無意味な原発安全論はもちろん、原子力村の存在、マスメディアと電力会社の馴れ合い、経団連の自己中心さ、主従関係であるとはっきりした米国と日本、そして嘘をつく政治家…

子供が安心して、幸せに暮らす為に本当の意味でのインフラが必要だ。それは自然と調和した社会とも言える。
原発を無くす事はもちろん、自然に負荷の少ないエネルギー作りや、食品化学物質の見直し(農薬・化学肥料含む)、血縁だらけの政治家・大企業の粛清、利権構造の撤廃、米国との関係改善、資本主義の見直しなど我々に示された問題は多い。
しかし、これからはその問題から目を逸らすことはダメだと解る。
それが今回の原発事故の教訓でもあるし、子供たちに世界を紡ぐための責任でもある。

逃げずに、一歩ずつ。
愛すべき子供たちのために。

(あたりめ うなぎ)
************************************************************************

d0235522_14322577.jpg*当ブログでは、新潟県内で行われる脱原発アクションの情報を募集しています。提供をいただき、確認の取れた情報は随時掲載いたします、どうぞ気軽にお寄せください。なお、連絡の際は、 nonukesniigata(a)gmail.com までお願いいたします((a)を@に変換願います)。 また、当ブログに対するご意見・ご感想も上記アドレスにてお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-08-06 14:24 | 2011年8月コメント | Comments(0)


<< 映画「ミツバチの羽音と地球の回...      「今日からあなたにもできる・・... >>